ロバート・ブール・マルクス

Published by room7 under デザイン, ランドスケープ.

ランドスケープの魔術師…ロバート・ブール・マルクス

ロバート・ブール・マルクス(Roberto Burle Marx 1909年8月4日 – 1994年6月4日) は、ドイツ系ブラジル人の造園家、環境デザイナー(ランドスケープアーキテクト)。

1909年にブラジルのサンパウロで生まれる。画家の勉強のためにドイツのベルリンへ行き、そこで絵の勉強のために植物園を訪れたことが植物相に興味を持つ切っ掛けとなる。

帰国後、ルシオ・コスタ(Lucio Costa、1902年2月27日 – 1998年6月13日)らに建築学を学ぶ。

生まれ故郷のサンパウロに戻ってから、自宅の周りの植物を収集し、土壌改良を加えながら、緑豊かな庭園を作り出し、1932年に最初の作品、マルクス自邸が生み出される。

  • オスカー・ニーマイヤーが設計したブラジリア公共施設の景観設計・庭園設計に協力。
    • ブラジル陸軍省 ウォーターガーデン。
    • ブラジル外務省ビルディングのランドスケープ。
    • ブラジル文部省庁舎屋上庭園 1937年
  • ブラジル再保険協会庁舎屋上庭園 1939年
  • リオ計画 1933年から1948年
  • サントス・ドゥモント空港
  • アラーハ公園
  • サンパウロ大学校庭
  • リオ・カナダ大使館庭園
  • サンタバーバラ・バートン・トルメイン邸庭園。1948年
  • オデッラ・モンテイロ庭園(現ルイス・セザール・フェルナンデス邸)リオデジャネイロ 1948年
  • イビラプエラ公園 サンパウロ市 1954年
  • コパカバーナ・プロムナード景観設計 – 4キロメートルの大規模なモザイクパターン街路 1970年完成。リオデジャネイロで有名なビーチ。1970年
  • フラメンゴ公園 – 大規模な埋め立て地に建てられる。リオデジャネイロ。
  • ベネチアン宮殿エントランス。大規模なスケール。
  • エステ公園。ベネズエラ・カラカス
  • ペンシルベニア州カスケード・ガーデンとロングウッド・ガーデン
  • ビスケーン大通り。フロリダ州マイアミ(死後に完成)
  • ペルー広場。ブエノスアイレス(現在は解体)
  • クアラルンプール市内中央公園。マレーシア・クアラルンプール


Jardins do Edifício Gustavo Capanema(http://wellersoncassimiro.blogspot.com/2011/08/102-aniversario-de-roberto-burle-marx.html)


A terrace garden at a former government building in Rio de Janeiro(http://www.nytimes.com/slideshow/2009/01/21/arts/design/20090121_BURLE_index.html)


Copacabana promenade


New York Botanical Garden.


ロバート・ブール・マルクスの描いたシルクスクリーン。他にもタペストリーや絵画も多く残している。(http://www.flickr.com/photos/bethnery/4025945031/)


自宅の庭

まるで絵画のような公園だ。考え抜かれた土壌というキャンバスに自在な筆致で描き出す。。。

見ている者を、心豊かにしてくれそうな…そんなデザインだ。