ジョサイア・コンドル

諸戸邸/ジョサイア・コンドル

IMG_2704.JPG

三重県の桑名にある「諸戸邸」。明治期の政商、諸戸清六の邸宅である。ジョサイア・コンドルの後期の作品。

IMG_2707.JPG

門をくぐって、アプローチから見た諸戸邸は、木造の洋館。円形の塔が特徴的で、木製のサッシに収まるガラスも、外壁の曲線に合わせて湾曲している。高度な技術はイギリスからの輸入品。

IMG_2708.JPG

洋館の左手には、日本建築が連なっている。

IMG_2711.JPG

そのジョイントは、意外にダイレクトであるが、楽しそうな試みでもあったろう。屋根の高低、アクセントに工夫を感じる。

IMG_2622.JPG

後年、この部分に植えられた植栽が残念? これでよい? 屋外水洗が立ち上がっているのは、なんとも... ここが、キモなのだろうから。

IMG_2692.JPG

陸屋根を避け、実用に徹しているところは、日本の気候を熟知していたからか?

IMG_2643.JPG

内装のジョイントも見事なまでにダイレクト。

IMG_2652.JPG

洋館側には、当時流行のアールヌーボーのスタイルも。

IMG_2633.JPG

日本建築側の凝ったスイッチ。

IMG_2639.JPG
JosiahConder.jpg
ジョサイア・コンドル(Josiah Conder/1852.9.28〜1920.6.21)イギリス出身の建築家。お雇い外国人として来日し、辰野金吾ら、創生期の日本人建築家を育成し、建築界の基礎を築いた。

経歴
1852年 ロンドンに生まれる、父は銀行員
父の急逝後、ロジャー・スミス(父の従兄でロンドン大学教授)の建築事務所や、ロンドン大学などで建築を学ぶ
1873年 ウイリアム・バージェス事務所に入所
1876年 一流建築家への登竜門であるソーン賞を受賞、日本政府と契約(5年間)
1877年(明治10年)来日、工部大学校(現・東大工学部建築学科)造家学教師および工部省営繕局顧問
1884年(明治17年)辰野金吾の教授就任により工部大学校を解雇
1886年(明治19年)帝国大学工科大学講師(4月)、官庁集中計画の一環で学生を引率しドイツへ出張(10月~)、ロンドンにも立ち寄り、翌年帰国
1888年(明治21年)講師辞任、建築事務所を開設
1893年(明治26年)前波くめと結婚
1914年(大正3年)工学博士号取得
1920年(大正9年)東京で逝去。67歳

工部大学校で教えたのは7年間と、意外と短かったのですね。

代表的な建物

鹿鳴館(華族会館)-1883年竣工、1940年取壊
ニコライ堂(重要文化財)-1891年竣工
岩崎久弥茅町本邸(現在の旧岩崎邸庭園内の洋館および撞球室、重要文化財)-1896年竣工
岩崎弥之助高輪邸(現三菱開東閣)-1908年竣工
三井家倶楽部(現綱町三井倶楽部)-1913年竣工
旧諸戸清六邸(現桑名市六華苑、重要文化財)-1913年竣工
島津家袖ヶ崎邸(現清泉女子大学本館)-1915年竣工
古河虎之助邸(現在の旧古河庭園大谷美術館)-1917年竣工

(以上、http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョサイア・コンドル)

物語 ジョサイア・コンドル―丸の内赤レンガ街をつくった男

物語 ジョサイア・コンドル―丸の内赤レンガ街をつくった男

  • 作者: 永野 芳宣
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 単行本
鹿鳴館を創った男―お雇い建築家ジョサイア・コンドルの生涯

鹿鳴館を創った男―お雇い建築家ジョサイア・コンドルの生涯

  • 作者: 畠山 けんじ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 1998/02
  • メディア: 単行本
日本庭園入門―Landscape gardening in Japan

日本庭園入門―Landscape gardening in Japan

  • 作者: ジョサイア・コンドル
  • 出版社/メーカー: 講談社インターナショナル
  • 発売日: 2002/04
  • メディア: ハードカバー
美しい日本のいけばな

美しい日本のいけばな

  • 作者: ジョサイア コンドル
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1999/04
  • メディア: 単行本
河鍋暁斎

河鍋暁斎

  • 作者: ジョサイア コンドル
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 文庫