ヴァルター・グロピウス

グロピウス…新しい時代を作りたかった

Gropius.jpgワルター・グロピウス(Walter Adolph Georg Gropius/1883.5.18〜1969.7.5)ドイツの建築家。亡命後はアメリカで活躍。
近代建築の四大巨匠(フランク・ロイド・ライトル・コルビュジエミース・ファン・デル・ローエ、そしてヴァルター・グロピウス)の一人とされる。バウハウスの初代校長。近代建築を定義した人物。

1919年、第1次世界大戦に破れたドイツで、他に着るものがない軍服姿の若者たちが、徒歩でドイツのある町を目指した。荒廃したドイツを立て直すために、自らを捧げようという希望を持って。手には中世の聖堂が描かれたチラシが1枚。目指す町はワイマール

チラシを作ったのはグロピウス。ドイツの将来を託された若き(26歳!)建築家で、彼は、将来のドイツのために産業の育成がなにより必要と考えていた。そのためには中世のギルドのような教育システムが最良だとも。それがバウハウス

中世の聖堂が描かれた(描いたのはライオネル・ファイニンガー)チラシとデッサウの校舎(グロピウスの設計)の間には、6年という時の隔たり以上のものを感じる。そしてこのワイマールでの6年間に惹き付けられる。

■バウハウス・デッサウの公式ホームページ http://www.bauhaus-dessau.de/

チラシに描かれた聖堂
G_Weimar.jpg

デッサウのバウハウスの校舎1925年の設計

(http://ja.wikipedia.org/wiki/バウハウス)

グロピウスでググってみる

モダン・デザインの展開―モリスからグロピウスまで

  • 作者: ニコラス ペヴスナー
  • 出版社/メーカー: みすず書房

ヴァルター・グロピウス

  • 作者: ギルベルト・ルプファー パウル・ジーゲル
  • 出版社/メーカー: タッシェン・ジャパン

ヴァルター・グロピウス―バウハウス1925-26 (GAグローバル・アーキテクチュア (No.70))

  • 作者: ヴァルター・グロピウス
  • 出版社/メーカー: A.D.A.Edita Tokyo
ヴァルター・グロピウスの著作

国際建築

  • 作者: ヴァルター グロピウス
  • 出版社/メーカー: 中央公論美術出版

デモクラシーのアポロン

  • 作者: ワルター・グロピウス
  • 出版社/メーカー: 彰国社