堀口 捨己

堀口 捨己…モダンと伝統

堀口 捨己(ほりぐち すてみ/1895.1.6〜1984.8.18)日本の建築家。日本で分離派建築会を結成。茶室数寄屋造りの研究をし、多くの著作を残している。
HoriguchiSutemi01.jpg

犬山にある有楽苑(http://www.m-inuyama-h.co.jp/urakuen/index.html/写真も)。残念ながら国宝茶室の如庵は普段は見ることはできないが、織田信長の弟 織田有楽斎が建てたものを、堀口捨己が犬山に移築したもの(東京の「有楽町」「数寄屋橋」といった地名は、織田有楽斎に因んでつけられたともいわれている)。

HoriguchiSutemi02.jpg

その一方で、常滑にある常滑市陶芸研究所(http://www.city.tokoname.aichi.jp/ctg/25110010/25110010.html/写真はパンフレットから)は、1961年に建てられた”モダン”な建物で、玄関ホールの吊り階段やキャンティレバーで支える広いバルコニー、展示に呼応したトップライトの造形...それらをスマートに実現する考えられたディテールなど、愛知県が誇ることができる建物となっている。

かけ離れた存在のように思われる両者だが、実際に見てみると、とっても近しい間柄であることが見えてくる。

如庵は、二畳半台目という限られた空間を、変化に富んだ空間にするための、工夫が凝らされていて、そのためには、地板が三角形になろうが、使われない空間が生まれようが、暗くなろうが、OK! 有楽窓に有楽囲み、斜めの壁に暦の腰壁、抑制された開口...。目的の空間を作り上げるためには、あらゆる手法を成立させるのだ...ということを示している。

目的を成立させるための自由な造形は、堀口捨己や織田有楽斎のような「好き者」にしか見出すことができないものなのだろう。モダンとか伝統とか、あんまり関係ないのかもしれない。

◆YouTubeで正伝院・如庵の様子を見ることができる。

堀口捨己の建築を見てみる


堀口捨己 (現代の建築家)

堀口捨己 (現代の建築家)

  • 作者: 堀口 捨己
  • 出版社/メーカー: 鹿島出版会
  • 発売日: 1983/03
  • メディア: 大型本


堀口捨己の「日本」―空間構成による美の世界

堀口捨己の「日本」―空間構成による美の世界

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 彰国社
  • 発売日: 1997/06
  • メディア: 大型本


茶室研究 (堀口捨己博士著作集)

茶室研究 (堀口捨己博士著作集)

  • 作者: 堀口 捨己
  • 出版社/メーカー: 鹿島出版会
  • 発売日: 1987/09
  • メディア: 単行本


利休の茶室

利休の茶室

  • 作者: 堀口 捨己
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1995/09
  • メディア: 単行本


建築論叢 (1978年)

建築論叢 (1978年)

  • 作者: 堀口 捨己
  • 出版社/メーカー: 鹿島出版会
  • 発売日: 1978/07
  • メディア: -