今井 兼次

手で触れる…今井 兼次

ImaiKenji.jpg今井兼次(いまい けんじ/1895.1.11〜1987.5.20)日本の建築家。早稲田大学理工学部建築学科卒業。早稲田大学理工学部建築学科の教授。

日本で最初にガウディシュタイナーを紹介している。

以前、碌山美術館のことを書いたが、その碌山美術館を設計したのが今井兼次。学生の頃、この美術館が建てられるまでのバックストーリーに感動し、長崎の二十六聖人殉教記念館を訪ねた。

今井兼次の建物には、思わず手で触れたくなる...という魅力がある。触れておかなければならないだろうと、触りまくってきた(もちろん丁寧に)。

今井兼次の作品を見る

今井兼次の著作を検索する

建築とヒューマニティ

建築とヒューマニティ

  • 作者: 今井 兼次
  • 出版社/メーカー: 早稲田大学出版部
  • 発売日: 1985/04
  • メディア: -


コメントを残す