ヨゼフ・マリア・オルブリッヒ

ヨゼフ・マリア・オルブリッヒの憂鬱

ヨゼフ・マリア・オルブリッヒ(Joseph Maria Olbrich/1867.12.22〜1908.8.8)

19世紀末から20世紀初頭にかけてのオーストリアの建築家。ウィーン美術学校で、ヨゼフ・ホフマンらと共にオットー・ワーグナーに建築を学んだ。1897年にクリムト、ヨゼフ・ホフマンらと共にウィーン分離派(セセッション)を結成。オルブリッヒがセセッション館を設計し、近代建築のはじまりを印象づける。

セセションに関しては、アールヌーボーのオーストリア版みたいな受け止め方がされるが、造形手法に関してはかなり異なった印象を受ける。同時代のアドルフ・ロースは「セセッションは装飾的だ」といって批判をするが...面白い時代である。ワーグナーの装飾の変化も激しいものがある。

オルブリッヒは後に、もっと産業よりのデザインをする。ドイツ工作連盟に参加することになるのだが、近代化(現代化かな?)へと激しく移行する時代を一直線に突き進んでいったのだろうな...。

これは、装飾的か...非装飾的か...現代の人はどう受け止める?

球体と立方体の構成/植物の葉やメドゥーサの装飾

当時の内部。壁画はもちろんクリムト

Joseph Maria Olbrich

Joseph Maria Olbrich

  • 作者: Peter Haiko, Caterina Lezzi, Renate Ulmer
  • 出版社/メーカー: Deutscher Kunstverlag
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: Perfect

ヨゼフ・マリア・オルブリッヒでググってみる


コメントを残す