白井 晟一

白井 晟一の白

white.jpg

白井 晟一(しらいせいいち/1905〜1983.11.22)日本の建築家。ベルリン大学哲学科でヤスパースに師事。哲学的な建築を作る。

学生の頃に、各地の白井晟一の建物を見て回った。松井田の町役場、静岡の石水館(芹沢銈介美術館)、佐世保の懐霄館、点在する親和銀行、渋谷の松濤美術館、ノアビル...。

その時感じた「特別の建築家」という思いは、今も変わっていない。

物が収まる位置はなんとなく置かれているわけではない、誰かがそこに置いている。確かに、何となくという気持ちで置かれる物は多い。それでも誰かが決めない限り、そのものはそこに置かれない。物はなんとなくあるわけではなく、なんとなくという気持ちを持った人に置かれるだけである。

誰かが決めている。そこに(1ミリも違わず)その物を置くという強い意志を持つためには、哲学が必要なんだろうな...と白井晟一の設計した建物を見ながら考えたものだ。

白井晟一の考え方(意思の持ち方)を知る上で、数々のエッセイが役に立つ。特に「無窓」に収められた「豆腐」と「めし」に関する文章を読むと、人の意思の在り方の大切さを実感できる。

白井晟一空間読解―形式への違犯

白井晟一空間読解―形式への違犯

  • 作者: 安原 盛彦
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2005/09
  • メディア: 単行本
白井晟一スケッチ集

白井晟一スケッチ集

  • 作者: 白井 晟一
  • 出版社/メーカー: 同朋舎出版
  • 発売日: 1992
  • メディア: -
懐霄館―白井晟一の建築 (1980年)

懐霄館―白井晟一の建築 (1980年)

  • 作者: 白井 晟一
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1980/05
  • メディア: -
無窓 (1979年)

無窓 (1979年)

  • 作者: 白井 晟一
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1979/10
  • メディア: -
白井晟一の建築と人―縄文的なるもの (1979年)

白井晟一の建築と人―縄文的なるもの (1979年)

  • 作者: 水原 徳言
  • 出版社/メーカー: 相模書房
  • 発売日: 1979/09
  • メディア: -
石水館―建築を謳う (1981年)

石水館―建築を謳う (1981年)

  • 作者: 白井 晟一
  • 出版社/メーカー: かなえ書房
  • 発売日: 1981/11
  • メディア: -

白井晟一の建物を見る

白井晟一でググってみる


コメントを残す