アレッサンドロ・ディ・カリオストロ…そして、マドフ

Cagliostro.jpg◆人名しりとり...
カリオストロ(アレッサンドロ・ディ・カリオストロ/Alessandro di Cagliostro Giuseppe Balsamo/1743.6.2〜1795.8.26)カリオストロ伯爵を自称。詐欺師、錬金術師。本名ジュゼッペ・バルサモ。
1743年、シチリア島パレルモ生まれといわれる。少年時代に修道院を追放された後、ギリシャ人錬金術師アルトタスの弟子となる(これはカリオストロ本人による回想録によるもので、アルトタスなる人物が実在したか否かは不明)。
ヨーロッパ中を旅し、多くの偽名を駆使して社交界に乗り込み、胡散臭い商売を繰り返した後、1777年、フランマソヌリ(英語ではフリーメイソンリー)に参入し、フランマソン(フリーメイソン)になる。後にフランマソンのエジプト起源説を唱え、自ら分派「エジプト・メイソンリー」を設立。
ロシア宮廷でのスキャンダルや、マリー・アントワネットを巻き込んだ有名な詐欺事件「首飾り事件」(1785年)によって失脚。
再びヨーロッパ中を転々とすることとなるが、1789年、ローマで異端の嫌疑をかけられ逮捕。宗教裁判にかけられ、1791年に終身刑を言い渡された。1795年、獄死。
しかし、その死後も生きて地上を漂泊しているという噂が根強く、ロシアにまで流布した。(http://ja.wikipedia.org/wiki/カリオストロ)
カリオストロは実在の人物でした。これほど怪しい人物が実在できる時代というのは、みんな少なからず怪しかったに違いない...
数世紀の間に、怪しいものの代表は、人魂からUFOに、幽霊から宇宙人へと変遷した。これは、その時代の人々の思考の枠を表している...と聞いたことがある。
18世紀の怪しい人物の代表の一人が錬金術士であるカリオストロとするならば、21世紀の怪しい人の代表の一人に、この人も加えてよいのかもしれない。架空投資ファンドのバーナード・マドフ(Bernard Madoff)...なんとなく似ていないか?。

そういう意味では、「ルパン三世 カリオストロの城」に偽札が登場するのは、20世紀的な解釈としてとても素晴らしい。

山師カリオストロの大冒険 (岩波現代文庫)

山師カリオストロの大冒険 (岩波現代文庫)

  • 作者: 種村 季弘
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2003/03
  • メディア: 文庫
最後の錬金術師カリオストロ伯爵

最後の錬金術師カリオストロ伯爵

  • 作者: イアン マカルマン
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2004/09
  • メディア: 単行本
カリオストロの復讐 (創元推理文庫 107-15 アルセーヌ・リュパン・シリーズ)

カリオストロの復讐 (創元推理文庫 107-15 アルセーヌ・リュパン・シリーズ)

  • 作者: モーリス・ルブラン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2000
  • メディア: 文庫
カリオストロ伯爵夫人 (創元推理文庫 107-8 アルセーヌ・リュパン・シリーズ)

カリオストロ伯爵夫人 (創元推理文庫 107-8 アルセーヌ・リュパン・シリーズ)

  • 作者: モーリス・ルブラン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2000
  • メディア: 文庫
ルパン三世 - カリオストロの城 [DVD]

ルパン三世 – カリオストロの城 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD

■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■