ダビデはパチンコを使ったのか?

図説 ミケランジェロ
ダビデ(Dawid/BC1000年ごろ)


しりとり再開第一弾は、なんとダビデ...(先回はニキ・ラウダ。”だ”です。)

私のささやかな知識は、石つぶてで、大男ゴリアテを討取った話とか、ユダヤの王になった話を知るぐらい。昔読んだ本では投石器(パチンコみたいなもの)を使っていたような気がするのだが...ミケランジェロの石像にはそれがなく、石を握りしめるだけだ。

ミケランジェロダビデといったら、何といってもミケランジェロのダビデ像の印象が強い。明るい自然光が入る展示室で、大勢の画学生(多分)がデッサンやスケッチをしていた。ゆっくり時間をかけて見ることのできる展示はいい。(日本では、何だか慌ただしい。)

ダビデが隠し持った石つぶてに、ミケランジェロの意志が現れている。人が作るものには、こうした意志の表現がなくては...と感じ入る。

ダビデでググってみる

<追記>

◆ここに投石器について書いてありました。なるほど、石像の肩にかかった布は伊達じゃない!

http://www001.upp.so-net.ne.jp/yasuaki/misc/forg/forg48.htm


■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■