木村 床之助…何代目?

◆人名しりとり...
20代木村庄之助(20だい きむらしょうのすけ/1876.12.3〜1940.3.9)大相撲の立行司。栃木県鹿沼市出身。
最近は、あまり相撲を見なくなってしまったが、行司で一番位が高いのを立行司といって、木村床之助と式守伊之助の2人であることは知っている。現在の木村床之助は35代目、式守伊之助も35代目である。
そんな中、20代木村庄之助は、明治後期~昭和初期の近代相撲の設立期に関わり、重要な役割を果たした...ということから...。
また、「人望、見識ともにそなわり名行司の証とも言われる「松翁」の称号を番付上に冠し、土俵態度、裁きともに秀で角界内では一目置かれていた。」ということから...。
昭和15年1月場所後、胃癌により現役のまま64歳で亡くなり、協会葬が行われている。協会葬が行われた立行司は、彼だけだということから...。
今回の木村庄之助は、20代とすることにした。
初期の頃の横綱双葉山の相撲を裁いている。
木村床之助の作品を検索

相撲大事典 第2版

相撲大事典 第2版

  • 作者: 金指 基
  • 出版社/メーカー: 現代書館
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本
力士の世界 (文春新書 603) (文春新書 603)

力士の世界 (文春新書 603) (文春新書 603)

  • 作者: 33代木村庄之助
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/11/16
  • メディア: 新書
相撲昭和史 激動の軌跡

相撲昭和史 激動の軌跡

  • 作者: 高永 武敏
  • 出版社/メーカー: 恒文社
  • 発売日: 1982/01
  • メディア: -
横綱の品格 (ベースボール・マガジン社新書 6)

横綱の品格 (ベースボール・マガジン社新書 6)

  • 作者: 双葉山 定次
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2008/01
  • メディア: 新書

ブログランキング・にほんブログ村へ


■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■

コメントを残す