ルートヴィヒ2世の夢のお城

The Swan King: Ludwig II of Bavaria (Tauris Parke Paperbacks)
ルートヴィヒ2世 (Ludwig II von Bayern/1845.8.25〜1886.6.13)

4代目のバイエルン国王。

1864年に父の死を受けて国王になる。音楽家ワーグナーを尊敬し、彼の教えを一時受けるが、家臣の反対により退けることになる。現世を嫌い、中世風の城やバロック風の城を建てる。新興国をはじめ各国が覇権を争う時代、名門の彼がそのような気分になるのも分かるような気がする。この時代の時代錯誤の建物趣味は、彼に限ったことでもないと思うが...。国政主権者としての能力を問われ、1886年逮捕され、精神障害者として幽閉され、その後謎の死を遂げる。オーストリア皇后兼ハンガリー王妃で皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の后エリーザベトは、従妹にあたる。


これらの知識は、ルキノ・ヴィスコンティの映画『ルードウィヒ 神々の黄昏』で知ったもの。長い映画だが、ヴィスコンティにしか撮れない作品だという確信は持てる。


◆『ルードウィヒ 神々の黄昏』はこのDVD-BOXに収蔵されている。


ルキーノ・ヴィスコンティ DVD-BOX2 3枚組 ( イノセント / ルードウィヒ 完全復元版 / 熊座の淡き星影 )
ルキーノ・ヴィスコンティ DVD-BOX2 3枚組 ( イノセント / ルードウィヒ 完全復元版 / 熊座の淡き星影 )



ルートヴィヒ2世でググってみる。



◆バイエルンの風景写真に必ず登場する夢のお城「ノイシュヴァンシュタイン城」は、19世紀に彼が建てさせた中世風の城。ルートヴィヒ自身も夢の中に生きていたのだから...。
ノイシュヴァンシュタイン城 [ポスター]



ノイシュヴァンシュタイン城でググってみる。


ルートヴィヒ2世に関する書籍等の検索

ブログランキング・にほんブログ村へ


■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■

コメントを残す