チャールズ・M・シュルツ/スヌーピーベストコレクション

 今日もアニメのお題。図書館のビデオコーナーもなかなか捨てがたい。子供用図書コーナーには、ビデオのコーナーがあり、子供向けビデオも貸し出している。昨日のムーミンもあるようだが、ほんの一部しか置いてない(あるいは、人気が高く、すぐ借りられてしまうのかもしれないが...)。そこでシリーズがきちんとそろっていいるものに、チャールズ・M・シュルツの「スヌーピーベストコレクション」がある。
 スプーピーやチャーリー・ブラウン、ライナスにルーシー...、キャラクターの認知度は高く、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでもお馴染みのキャラクターとして多々登場してくる存在です。(スヌーピーTM
バックロット カフェ
スヌーピー・プレイランドTMスヌーピー・サウンド・ステージ・アドベンチャーTM)。キャラクター・グッズもいっぱい(スヌーピー スタジオ ストア)。
 そんなスヌーピーとチャーリー・ブラウンですけれど、実際にアニメ作品を見る機会は、あまりないのではないでしょうか? 私も、子供がいなければ、ビデオをレンタルしてくることもないと思います。
 イメージとしてのキャラクターが先行してしまっていて、実際のキャラクター(個性)には、さほど注目がいっていないのではないかな??
 このビデオ、お勧めします。登場人物のキャラクターの描き方が丁寧で、「子供の頃こうゆう子いたな」と、思わずニヤリとしてしまいます。テーマの選び方もヒューマンなもので、作家の人柄を感じさせます。子供と安心して見ることができます。どのキャラクターが好きか...で、子供の感性の方向性も感じ取ることができるような気がします。
◆「スヌーピー/チャールズ・M・シュルツ」に関する記事
http://room7.blog.so-net.ne.jp/2006-07-08-2 


スヌーピー ベストコレクション Vol.1スヌーピー ベストコレクション Vol.1

にほんブログ村 映画ブログへ