アラン・ケイ/ダイナブックとリサ

AlanKey.jpg◆人名しりとり...
アラン・ケイ(Alan Kay/1940.5.17〜 )アメリカのコンピュータ科学者。
1970年からゼロックス社のパロアルト研究所に参加し、個人ユースの理想のパーソナルコンピュータ「ダイナブック」を研究していた(東芝とは関係ない)。そこへ、スティーブ・ジョブズたちアップルの面々が見学に訪れ、そこで見た画面に感動し、「Lisa」や「Macintosh」が開発される。
その画面というのが、いわゆるGUI(グラフィカルユーザインタフェース)というもので、今日もInternetExplorerやSafariのアイコンをクリックしてアプリケーションを立ち上げるという...アレである。つまり、今日もアラン・ケイのアイデアのお世話になっているというわけなのである。
Apple lisa Demo from 1984 Part 1

これがLIsa。四半世紀前のコンピュータですが、これ以前のコンピュータとは、まったく様相がことなります。そしてこれ以降、あまり変わっていないのかもしれません。

アラン・ケイの著作を検索する
アラン・ケイで検索

アラン・ケイ (Ascii books)

アラン・ケイ (Ascii books)

  • 作者: アラン・C. ケイ
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 1992/04
  • メディア: 単行本

■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■

コメントを残す