オットー・リリエンタールのオーニソプター

Lilienthal.jpg◆人名しりとり...
リリエンタール(オットー・リリエンタール/Otto Lilienthal/1848.5.23〜1896.8.10)ドイツの飛行機の開発者として社会の教科書に登場する。
リリエンタールは、ハンググライダーを作り、丘から飛行する試験を繰り返していた。1896年8月9日の墜落で脊椎を折り、翌日亡くなっている。
ハンググライダーの翼の形状を力学的に研究し、実験をし、多くの資料を残している。今日のハングライダーの形状もリリエンタールあってのことだろうか。
最後の試験は、動力を積む予定の機種に乗っていたのだという。その日の試験が無事終了し、動力を積むことができたなら、最初の飛行機の発明者はライト兄弟ではなくリリエンタールだった?
ただ、リリエンタールの開発中の飛行機は、ライト兄弟のものと異なり、翼が動く方式のものであったらしい。これをオーニソプターと呼ぶ。オーニソプターは、例えば「天空の島ラピュタ」や「ハウルの動く城」など宮崎駿の作品によく登場する。古くは、デイヴィッド・リンチの「砂の惑星 デューン」にも登場したりする。

Lilienthal02.jpg Lilienthal01.jpg

機械という無機質な装置であると同時に、羽ばたくという有機的な動きを持ち、生命を感じさせる...アンビバレントな表現を可能にした乗り物だから?
また、自分を犠牲にしてでも人類の夢を叶えたいという、リリエンタールの熱も受け継がれている。
そんな不思議な乗り物オーニソプターは、未来と同時に過去をも語っている。
リリエンタールで検索

鳥の飛翔

鳥の飛翔

  • 作者: オットー リリエンタール
  • 出版社/メーカー: 東海大学出版会
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 単行本
Birdflight As the Basis of Aviation: A Contribution Toward a System of Aviation

Birdflight As the Basis of Aviation: A Contribution Toward a System of Aviation

  • 作者: Otto Lilienthal
  • 出版社/メーカー: Markowski Intl
  • 発売日: 2000/11/20
  • メディア: ペーパーバック
デューン/砂の惑星 劇場公開版<ニュープリント・スクイーズ>” title=”デューン/砂の惑星 劇場公開版<ニュープリント・スクイーズ>“></a></p>
<div class=

デューン/砂の惑星 劇場公開版<ニュープリント・スクイーズ>

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD
天空の城ラピュタ

天空の城ラピュタ

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD
ハウルの動く城

ハウルの動く城

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD

■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■

コメントを残す