アルヴァ・アアルト

アルヴァ・アアルト

工業生産や機能を重視した発想が求められた時代に、独自の人間性との結びつきを求めるデザインを探究していたアルヴァ・アアルト。アルヴァ・アアルトの椅子に座るとなんか癒された感じがします。デザインいとって何が大切なのか...考えさせられます。

アルテック41(Paimio)

パイミオのサナトリウムのためにデザインされた
アルヴァ・アアルトデザインのアームチェア。
成形合板でなくてはできないこの形、はじめての形。
デザイン:1931-1932年。

ユゴー・アルヴァ・ヘンリック・アアルト略歴

[Hugo Alvar Henrik Aalto(1898―1976)]

アルヴァ・アアルトは、1989年に、フィンランド中部クオルタネ村に、中流階級で公務員の父親の3人兄弟の長男として生まれました。アルヴァ・アアルトが5歳だった時、家族はユヴァスキュラに移りました。そこは、24年間生活した町であり、また、もっとも多く彼の設計を残した(70戸)町でもあります。それらのうちの37が実現されました。

アルヴァ・アアルトは、1921年にヘルシンキ工科大学を卒業し、1923年にユヴァスキュラに建築事務所を開きました。 翌年、彼は建築家のAino Marsioと結婚し、イタリアへの新婚旅行で、地中海文化に接し、影響を受けています。 1927年に南西の都市へテュルク、1933年にフィンランドの首都ヘルシンキへ移動しました。

アルヴァ・アアルトにとって、テュルクでの最も重要な仕事は「パイミオのサナトリウム(1933年)」(最初の写真)の設計で、単純な構成、シンプルな壁面、水平連続窓等の特徴を持つこの建物によって、彼は一躍機能主義建築家として脚光を浴びることになります。 しかしこの建物は、単なる機能主義的な建物ではなく、芸術的な調和の追求、人間やその環境、住んでいる建物の融合を目指していました。 人間と自然と建物を有機的に結びつけた考えは、近代建築の中で最も賞賛された個人の住宅の一つ、1930年代の終わりの「マエリア邸」(2つ目の写真)のデザインで表現されました。

アルヴァ・アアルトの後半の傑作として、「ヴォクセンニスカ教会(1959)」(3つ目の写真)があげられています。 アルヴァ・アアルトの仕事は、建物と都市計画から家具、ガラス器、宝石および他の領域の芸術にまで及び、著しく活動範囲が広いことが特徴となっています。 彼は、様々な言語に熟達していて、海外での演説も簡単にこなすことができました。

アルヴァ・アアルトがヘルシンキに旅立つ時、父親は、1片の助言を彼に与えました「アルヴァ、常に紳士であれ。」と。 彼の子供たちは、彼について、悩みを上手に回避することができる人だったといっています。クライアントと意見の相違が生じたときでも、よい妥協点を見つけることができる人だったと。建築のまさに本質は、自然な有機的な生命を思い出させる種類および開発から成ります。これは建築の唯一の真実のスタイルです。」

  

アルテック スツール No.60

アルヴァ・アアルトが1932年に発表した3本脚のスツール。無垢の脚部は曲げる部分のみを差し込み成型された世界で唯一の製法。

アルテック 900 白タイル(914AR900W) 

タイルを天板としたティートロリー。アルヴァ・アアルトが1937年のパリ万国博覧会の為に、フィンランド・パビリオンと共にデザイン。

イッタラ フラワーベースM 

フィンランドの湖をイメージしたフリーハンド曲線のフラワーベース。1937年のパリ万国博覧会の為にデザイン。

アルヴァ・アアルトに関する書籍

白い机 若い時―アルヴァ・アアルトの青年時代と芸術思想

作者: ヨーラン シルツ

出版社/メーカー: 鹿島出版会

著者の30年間にわたるアアルトとの交友、珍しく貴重な保管書類などの資料、人間として或いは建築界の革新者としてのアアルトの真髄を読者に理解させる著者の文章力、それらすべてが本書を非常に貴重な研究文献に仕上げている。
白い机 モダン・タイムス―アルヴァ・アアルトと機能主義の出会い

作者: ヨーラン シルツ

出版社/メーカー: 鹿島出版会

近代建築の巨匠・アルヴァ・アアルトの人生・思想・仕事を全網羅。今日まで知られていなかった図面・デッサンも初公開。
白い机
円熟期―アルヴァ・アアルトの栄光と憂うつ
作者: ヨーラン シルツ

出版社/メーカー: 鹿島出版会

アルヴァ・アアルトの人生の中でもっとも実りの多い時代を経て、他界するまでを扱った黄金期の栄光と苦悩のドキュメント
アルヴァ・アアルト (SD選書 34)

作者: 武藤 章

出版社/メーカー: 鹿島出版会

アルヴァ・アールト (ニューベーシック)

作者: ロウナ・ラハティ

出版社/メーカー: タッシェン

建築ガイドブック アルヴァ・アアルト

作者: Michael Trencher

出版社/メーカー: 丸善

アルトの現存するほぼすべての建築作品について、それがつくられた背景や見所といった作品解説とともに、住所やアクセス手法を、地図を交えて紹介したものである。
AALTO 10 Selected Houses アールトの住宅

作者: 齋藤 裕

出版社/メーカー: TOTO出版

初期の小住宅「ヴィラ・タンメカン」(1933年)から、代表作「ヴィラ・マイレア」(1939年)・「アールト自邸とスタジオ」(1936年)・「アールト夏の家」(1953年)、後期の名作「メゾン・カレ」(1953年)、最晩年の作品「ヴィラ・シルツ」(1970年)など
ヴィラ・マイレア Alvar Aalto Villa Mairea1937-39―世界現代住宅全集01(Residential Masterpieces)

出版社/メーカー: ADAエディタトーキョー

Alvar
Aalto (Archipocket)
作者: Alvar Aalto, Aurora

Cuito

出版社/メーカー: Te Neues Pub
Group

外部と内部、詳細な計画、気前のよいレイアウトと簡潔な、包括的なテキストのまばゆい4色の写真で詰まって、彼らの便利なサイズが彼らを偉大な旅行の同行者にする間
Alvar
Aalto: Between Humanism and
Materialism
作者: Alvar Aalto, Peter Reed,

Kenneth Frampton

出版社/メーカー: Museum of Modern
Art

アルヴァ・アアルトの人道的な仕事と影響を、5人の著名な批評家と歴史家のエッセイと共に。アールト住宅、市役所、文化機関、工場、家具とガラスデザインと地域計画

?

のうちの約50について写真と共に記述。近代美術館(MoMA)で1998年の回顧展示を伴うために出版された。

Alvar
Aalto
作者: Richard Weston

出版社/メーカー: Phaidon Inc
Ltd

Villa
Mairea: Noormarkku 1938 to 9,
Alvar Aalto (Architecture in
Detail)
作者: Richard Weston

出版社/メーカー: Phaidon Inc
Ltd


アアルトに関するサイト

アルヴァ・アアルト ミュージアム アルヴァ・アアルトについては、まずはここから。
フィンランドのアルヴァ・アアルトの紹介サイト アルヴァ・アアルトはフィンランドの誇る英雄です。
アルヴァ・アアルトの声 アルヴァ・アアルトの肉声を聞くことができます。(Real

Playerが必要)

アルテックのサイト。 アルヴァ・アアルトのデザインのための会社、きれいな写真、センス良いです。


コメントを残す