マリオ・ベリーニ

マリオ・ベリーニ

家具屋で椅子を見る時には、必ず裸足で座ってみる。一緒に見に来ている人がいる場合には、その人にも勧める。

長身でありながら、なおかつ靴を履いて椅子に座る人たちが考えた椅子を、彼らに比べれば背が低く、靴を脱いで椅子に座る事の多い私たちが選ぶ場合、これは、必ずしなければならない作法である...?。皆、恥ずかしがらずに、堂々と靴を脱ごう!

そんな中、チョット気に入ったのは、イタリア人デザイナー、マリオ・ベリーニがデザインした椅子。

キャブ アームチェアー

座面が低く(彼のデザインした全ての椅子がそうというわけではないのだが...)、背から肘掛けにかけての身の拠り所は、日本人の体にもフィットしそうな感じだ。お店の人の話によると、日本向けにデザインしたという事なのだが...(マリオ・ベリーニのサイトで確認できる)。

皮革や布で椅子を包むスタイルは、マリオ・ベリーニのトレードマークになっている。中には、薄いプラスチックの整形板が包まれているので、見た目はスッキリと薄く、それでいて体形に合いやすい。多角的視点からの配慮は、デザイナーがデザインした椅子らしい。

マリオ・ベリーニ略歴

Mario Bellini/1935〜 )

マリオ・ベリーニは、イタリアのミラノ生まれで、ミラノ工科大学で建築を学んでいる。イタリアの企業であるオリベッティに入り、製品・ショーブースなどで斬新なデザイン力を見せる。イタリアでは、大学の建築科を卒業して、デザインの仕事に就くのは珍しくない..というか、デザインは建築科で学ぶものとされているようだ。

その後、マリオ・ベリーニは、家具のデザインをカッシーナやヴィトラで発表し、著名な作品を遺している。日本の企業のためにも様々なプロダクトデザインを提供している。また、建築・デザイン誌「ドムス」の編集長を、1986年から91年まで務めてもいる。

1990年以降、マリオ・ベリーニは、建築の作品も手がけており、日本にも、横浜ビジネスパーク東京デザインセンター、小渕沢のホテル・リゾナーレなど、代表作が存在する。

Olivetti Logos 68 (1973年)

オリベッティ社は、CI(コーポレート・アイデンティティ)やPI(プロダクト・アイデンティティ)の先駆け的存在で、製品デザインはもちろん、各種ブロウシュア、ショーブースなど、日本の企業もここから多くのことを学んだ。

マリオ・ベリーニは、オリベッティ社で、デザイナーとしてのスタートを切る。1966年にマリオ・ベリーニがデザインしたビデオディスプレーなどが、ニューヨーク近代美術館(MoMA)に収蔵保存されている。

横浜ビジネスパーク(1991年/横浜・日本)
東京デザインセンター(1992年/東京・日本)


ホテル・リゾナーレ(1992年/小渕沢・日本)
写真は長期滞在用の建物。奥の方にホテル用の建物があるが、まるで街を歩いているような感じ(写真もそんな雰囲気で写っている)建物の高さと道の幅の関係が絶妙で、近年こうした「人工的な道」は数多く作られているが、その先駆けであると同時に、なかなか超えられない存在。ホテル・リゾナーレのサイトはこちら

キャブ アームチェア(Cab Chair,Armchair)

キャブはスティールフレームに厚い鞣し革のジャケットを着せる(=被せる)という画期的な発想の20世紀のデザイン史を代表するチェア。1977年の発売。このアームチェアタイプは、背面からアーム部分に至る曲線が美しく、肘を置くにも心地好いデザインが特徴。

キャブ サイドチェア(Cab Chair,Sidechair)

キャブはスティールフレームに厚い鞣し革のジャケットを着せる(=被せる)という画期的な発想で20世紀のデザイン史を代表するチェア。1977年の発売。スティールフレームと鞣し革が作り出すテンション(張力)により、優れた掛け心地好さを実現。

ベリーニ・チェア(Bellini Chair)

グラスファイバー強化プラスティックの一体成型。丈夫で軽く、屋外でも使える。名作キャブチェアのフォルムを廉価に再現している。気軽に使えるモダンデザイン。

ヘッドライン 3Dアームチェア(HeadLine 3D Armchair)

斬新なデザインと革新的な機能を備えた、vitraの名作「イプシロン」の後継型。ヘッドレストに頭部を預けてリラックスした状態でも、視線が上を向かないでデスクワークが可能。バックレストは、2本のアルミ支柱に首と腰の2つの支点で接続。

テネリッデ (Teneride)ミニチュア

「ヴィトラ・デザイン・ミュージアム」のミニチュアシリーズ。ヴィトラのコレクションを約1/6のサイズで再現されている。これは、マリオ・ベリーニデザインによる、オフィス向けチェアのプロトタイプ。ソリッドなポリウレタンの固まりを素材に使用した、世界で最初のチェア。

デューン・トレイ(Dune Tray)

光のあたり方次第で虹が見えそうなトレイを、マリオ・ベリーニは「DUNE」(砂丘)と名づけた。上にのせたグラスやプレートが光に浮かんでいるように見える、3D効果のあるデザイン。風に踊る砂や寄せる波、時が描くオーガニックな風景をイメージ。テーブルを傷つけないように裏面に小さな脚が付く。

パームハウスケトル

日々の暮らしに十分役立つ機能に加えて、長く使える最高の品質、キッチンを楽しくする美しいデザインがケトルには必要であるというコンセプトで、マリオ・ベリーニによってデザイン。

LAMY社 Picoボールペン

一回ノックで、収納時のポケットサイズ(92mm)から筆記サイズ(123mm)へと約3cmも伸縮する機能を持ったボールペン。2002年デザインプラス最優秀賞を受賞。クリップの代わりに、ボディ中央のLAMYロゴが転がり防止の役割をしている。

フルートグラス

ローゼンタール社とイリー社のコラボレーションによる日本限定のオリジナルアイスグラスとエスプレッソの数量限定セットから。足が二本に分かれた斬新なデザインのフルートグラスはマリオ・ベリーニによるもの。 イリー・カップコレクションは、1992年より毎年数作品ずつ限定販売されている。

カッシーナ 40Z ウィスキー ラウンジチェア(40Z WISKEY)

カッシーナ(cassina)社の定番ロングセラー商品。マリオ・ベリーニ自身が設計した建物でもよく使われています。スマートで、場所を取らない。おしゃれなインテリアが楽しめます。

マリオ・ベリーニに関する書籍

Mario Bellini, Architecture 1984-1995

作者: Mario Bellini

出版社/メーカー: Birkhauser (Architectural)

Mario Bellini: Archittetura Design e Altro

作者:

出版社/メーカー: Mondadori Electa

Mario Bellini, Designer

作者: Cara McCarty

出版社/メーカー: Museum of Modern Art

Olivetti (Design Management)

作者: Sybille Kircherer

出版社/メーカー: Trefoil Publications Ltd

マリオ・ベリーニに関するサイト

オリベッティのサイト マリオ・ベリーニのデザインも探すことができる。
ドムス(domus)のサイト
カッシーナのサイト collection >Chairs and lounge

chairs > Contemporanei

からベリーニの椅子を見つける事ができる

Bellini
Studios – Home Page
マリオ・ベリーニのサイト:過去の彼のデザインを確認できる