チャールズ・R・マッキントッシュ

チャールズ・レニー・マッキントッシュ

ひさしぶりの更新は、好きなデザイナーから...ということで、チャールズ・レニー・マッキントッシュを取り上げてみました。

はじめてハイバックチェアを見た時は感動しました。腰掛ける時の心構え...というか、他の椅子には感じなかったものがありました。

今回、いろいろ調べていくと、そういったチャールズ・レニー・マッキントッシュマッキントッシュのデザイナーとしての力量は、生前には評価されておらず、不遇であったことにとても落胆し、際立った才能ある人は、こんなことなのかな...と自分に言い聞かせました。

紹介文は、私の勝手な訳なので、多分間違っていると思います。でもなんとなく雰囲気が伝われば...と思い、掲載しました。どなたか、正確に訳していただけると嬉しいです。

また、バラの種類に「チャールズ・レニー・マッキントッシュ(そのまま!)」があるのですが、彼との関係を知っている方があれば教えて下さい。(掲示板にでも...)

チャールズ・レニー・マッキントッシュ略歴

[Charles Rennie Mackintosh (1868〜1928)]

チャールズ・レニー・マッキントッシュは、1868年6月7日、スコットランドのグラスゴー生まれ。設計事務所で働きながら、グラスゴー美術学校の夜間でデザインとアートの勉強をした。グラスゴーでの20年間に、マッキントッシュの有名な建築とデザインの仕事は集中しており、その多くは現存する。その後、マッキントッシュは成功を求めグラスゴーを後にしたが、不遇のうちにロンドンで亡くなる。大きくデザインやアートの世界が変わった19世紀末から20世紀初頭という時代に、彼に与えられた舞台が小さな地方都市であったということが、皮肉である。

美術学校時代、マッキントッシュは、同僚ハーバート・マックニー、後に妻になるマーガレットおよびフランシス・マクドナルド姉妹らとともに、ビアズリー風の抽象的な女性図やデフォルメされたの女性のラインをモチーフに、金属細工や設計を共同研究し、「Spook School(幽霊学校)」と呼ばれるスタイルをつくったが、イングランドでは、当時フランスで流行していたアール・ヌーボーの退廃的な影響受けたものとみなされた。

チャールズ・レニー・マッキントッシュの作品 の多くは、1896年から1910年の短期間に、数少ない後援者の助けによって作成さた。フランシス・ニューベリーの助けにより、新しいグラスゴー学校(今マッキントッシュ・ビル)を設計。キャサリン・クランストンのために、一連のグラスゴーのティー・ルーム(Willow Tea Room)のインテリアをデザイン。ウィリアム・ダヴィッドソンとウォルター・ブラッキーのために、「ウインディー・ヒル邸」や「ヒル・ハウス」を設計した。

ヨーロッパでは、チャールズ・レニー・マッキントッシュのスタイルの独創性が速く評価され、特に、ドイツやオーストリアでは称賛された。1900年、第8回ウィーン・ゼセッション展に招かれ、ヨゼフ・ホフマンらのウィーンのデザイナーと親交を持った。1902年、トリノ・インターナショナル展でのマッキントッシュの部屋も高く評価された。この展示は、モスクワとベルリンでも行われた。こうした成功にもかかわらず、国内での評価は高まらず、住宅設計やインテリアの依頼はあまりなかった。

1914年、グラスゴーでの成功を諦め、サフォーク海岸線上のWalberswickにマーガレットと移り住み、水彩で多くの素晴らしい作品を残した。

1915年に、ロンドンに定住し、建築家・デザイナーとしての活動再開。グラスゴーの「’Dug-Out’ Tea Room」のテキスタイルや、ノーサンプトンの「バセット・ロウク邸」のためインテリアがある。この時期デザインしたテキスタイルは、原色や幾何学的なモチーフを使用し、大胆な新しいスタイルの装飾となっている。しかし、イングランドにおいては、そのエネルギッシュな表現や独創性は受け入れられず、注目されなかった。

1923年に、チャールズ・レニー・マッキントッシュは、建築家としての総てを捨て、完全に風景画を描くことに専念し、フランスの南部に移り住む。1928年12月10日に癌のためにロンドンで死去。
(The Glasgow School of Artより引用)
(写真出典:Charles Rennie Mackintosh Society/The Willow Tea Rooms Home Page)


グラスゴー美術学校


芸術愛好家のための家


ヒル・ハウス


The Willow in Sauchiehall Street

The Willow in buchaman Street

The Willow in Sauchiehall Street

チャールズ・レニー・マッキントッシュは、表面的な様式主義に反発する英国で最初の建築家のうちの一人でだった。彼のスタイルは、微妙な曲がったモチーフを備え、強い直線の構造や要素を持っており、織物、家具および金属細工を作成した。

しかし、特性あるスタイルにもかかわらず、建物は伝統尊重主義を保持し、明らかにスコットランドを感じさせる。「ヒル・ハウス」は、現在スコットランドのナショナルトラストによって所有されている。
(BBC Educational Biographyより引用)

HILL HOUSE 1

マッキントッシュのデザインした数多くの家具の中でも、いちばん有名なラダーバックチェア。オリジナルは今もヒルハウスの寝室に置かれている。ニューヨーク近代美術館コレクション(1902年)

302 ARGYLE

19世紀末にアーガイル街のティールームのためにデザインされた椅子。スコットランド人のマッキントッシュが遠い国、日本に憧れを寄せていたことを想起させる。

312 WILLOW 1

マッキントッシュがデザインした4軒の喫茶店で、最後に手がけたウィローティールームのためにデザインした椅子。建築からインテリア、家具、什器に至るまでのすべてを彼が設計している。

チャールズ・レニー・マッキントッシュに関する書籍

マッキントッシュの世界―建築、インテリア、家具コロナ・ブックス

木村 博昭 (著) 単行本 (2002/03/01)
平凡社

チャールズ・レニー・マッキントッシュの代表作を紹介。個人住宅のモダーンで明るいインテリアは今も新鮮。建物の外観から、内装、家具まで、トータルデザインを楽しむ。
マッキントッシュ―建築家として・芸術家として

ロバート マックラウド (著), その他 単行本
(1993/10/01) 鹿島出版会

当時西欧の芸術家たちの間で一大ムーブメントとなっていた日本美術に多大な影響を受けたチャールズ・レニー・マッキントッシュの、矛盾と謎と失意に彩られた生涯を紹介。
Charles
Mackintosh

Aurora Cuito (編集), Cristina Montes
(編集) ハードカバー (2002/10/31) teNeues
Publishing UK Ltd

Each volume in this eminently

affordable series highlights the work of a

renowned architect. Packed with dazzling

four-color photographs of exteriors and

interiors, detailed plans, generous

layouts and brief, comprehensive texts,

these books are both authoritative and

attractive, while their convenient size

makes them great travel companions. An

easy reference for work, school, or play,

these colorful introductions to

architectural wonders will fill your head

with inspiration

Charles
Mackintosh

Aurora Cuito(著)

Charles
Rennie Mackintosh

Wendy Kaplan (編集) ハードカバー
(1996/05/31) Abbeville Press

チャールズ・レニー・マッキントッシュの主な仕事を、イラスト入りで紹介
Charles
Rennie MacKintosh

Edmund Swinglehurst (著), ハードカバー
(2001/08/01) Thunder Bay Press (CA)

チャールズ・レニー・マッキントッシュの主な仕事を、イラスト入りで紹介
Charles
Rennie Mackintosh Pocket Guide

John McKean (著) ペーパーバック (2001/06)
Colin Baxter

新版を改訂したもの。この手軽なガイドは、随時更新されます。最新の研究、および建物へのアクセス、建物、家具、絵画、図面およびテキスタイル・デザインについての情報、それらを見るべき場所が掲載。
Remembering
Charles Rennie MacKintosh: An Illustrated
Biography

Alistair Moffat(著), Colin Baxter (写)
ペーパーバック(1998/01 )

Arts
& Crafts Masterpieces: Edward Prior,
st Andrew’s Church, Roker ; Charles Rennie
MacKintosh, Glasgow School of Art ;
Barnard Maybeck, First church

Beth Dunlop(著),ハードカバー(1999/10)

歴史上の建物を紹介したシリーズの一部。環境を変えるために工芸美術建築家がどのような役わりを担ったのか...3つの公共建物で考察。セント・アンドリュー教会:建築家、芸術家および職人による共同作業、グラスゴー芸術学校:相対するものの合成、厳粛で微妙で革新的、First

church:用途が広く、多彩で、創造性がある。著者は、そのユニークな特徴を検査し、各建物がその情況にどのように応答するかを説明。

Arts
& Crafts Houses II: Charles Rennie
MacKintosh, Hill House ; C.F.A. Voysey,
the Homestead ; Greene and Greene, Gamble
House (Architecture 3S)

ハードカバー

歴史上の建物を紹介したシリーズの一部。3つの工芸美術建築物を紹介。ヒル・ハウス(スコットランドのHelensburgh)、The

Homestead(エセックス海のFrinton)、Gamble

House(カリフォルニアのパサデナ)。建物がどのようにたてられたのか、技術的なイラストと共に説明。歴史と地理的な情況と共に、建築上の類似性および共有される影響について説明。

Charles
Rennie Mackintosh : Architect, Artist,
Icon

John McKean(著), Colin Baxter
(写)ハードカバー (2000/10)

ブライトン大学建築課教授のMcKeanと写真家コリン・バクスターにる、マッキントッシュの詳細な概観の提供。死後すぐに、美術評論家は彼を現代風の開拓者、英国のアール・ヌーボーの主人、最後の偉大なビクトリア朝建築家と呼び始めた。マッキントッシュの評判は、時間が経つにつれ高まっている。
The
MacKintosh Style

Elizabeth Wilhide(著)

Elizabeth

Wilhideによって、世界で最もポピュラーで最も革新的な現代デザイナーのうちの1人の、生活および仕事が紹介。スケッチ、絵画およびエッチングを含む、彼の建物、インテリア、家具、さらにもっとたくさんの写真が掲載。さらに海外のマッキントッシュ見学のリストを含む。

Charles
Rennie MacKintosh

Roger Billcliffe(著)

Arts
and Crafts Movement (World of Art)

Elizabeth Cumming, Wendy Kaplan(著)

Charles
Rennie MacKintosh (World of Art)

Alan
Crawford(著)ペーパーバック(1995/10)

チャールズ・レニー・マッキントッシュに関するサイト

国内
飛騨高山美術館 マッキントッシュの部屋 展示室は1901年の「芸術愛好家のための家の」のダイニング・ルームの忠実な再現をはじめ、チャールズ・レニー・マッキントッシュが設計した建築の内部を部分的に再現して全体が構成されています。
海外
The
Glasgow School of Art
グラスゴー美術学校のホームページ。マッキントッシュの紹介、ミュージアムショップなど。Virtual

Tourによって内部を見れる。写真は多い。

House
for an Art Lover
「芸術愛好家のための家の」ホームページ。
Charles
Rennie Mackintosh Society
チャールズ・レニー・マッキントッシュ協会のホームページ。主な建物の概要、連絡先、アクセス等がわかる。会員にもなれるらしい???
The
Mackintosh House
QuicktimeVRによって建物内部をを見ることができる。
The
Willow Tea Rooms
The

Willow Tea

Roomsのホームページ。往年の彼のインテリアを復活。内部の写真は少し。

78
Derngate Northhampton
BBC
Education
グラスゴーの美術学校について詳細がわかる。ブランク内に「Charles

Rennie

Mackintosh」と入力すれば、彼の説明も出てくる。

Great
Buildings Online
「Glasgow School of Art」「Hill

House」「The Willow Tea

Rooms,」が、写真、図面、3Dモデルによって紹介されている。お薦め。

Digital
Archive of Architecture
グラスゴー美術学校の概観、インテリア、家具などの写真。