小津 安二郎

小津 安二郎

かつて、海外で最も有名な映画監督といえば、小津安二郎だった。海外での映画祭で日本人監督が活躍する中、小津安二郎だったというのだ。

最近でも、ヴィム・ベンダースアキ・カウリスマキなどの映画監督は、小津安二郎に強烈な影響を受けていると語っている。(ドキュメンタリー映画「小津と語る」)。なぜ、小津安二郎は、時代と空間を超えて重要な存在なのか。小津安二郎が意図していたことはなんなのか。現代を生きる私たちも、考えてみる必要がありそうだ。

小津安二郎の代表作「東京物語」に描かれている光景は、どこかで見たような懐かしさを感じさせるが、実は、普段見ることのない光景だ。たとえばロー・アングルの画面では、不作法に寝転がって相手を見ない限り、見えてこないものを見ることになる。

ロー・アングル...、長年、畳に座る文化の中で生活してきた日本人の表情やしぐさは、座っている時の視線を意識して形成されてきたもので、立った姿勢の視点を基準とする西洋式のカメラ視点では、相手のそれを正確に読み取ることはできない。だから、座っている日本人をきちんと捉えるためには、低い位置にカメラを設定する必要がある。

さらに、日本人の表情や立ち振る舞いは、伏目がちに、内に抑えられたものとなっているので、その奥に隠された感情を画面に表現するためには、もう一段低い位置にカメラを設置せざるを得ない...それがこの寝転がって相手を見る高さ、ロー・アングルだったのではないか...。

彼の映画の多くが家族をテーマにしている。現在でも彼の評価が国内外で高いのは、こうした普遍のテーマを真面目に撮り続けてきたことと無関係ではないと思う。家族の感情のもつれや矛盾といったものを真面目に語っていくためには、真実の表情を捉えなければ、見ている者に共感を与えることはできない。私たちが日常に体験している家族のありさまを描こうというのだから、底の見える表現は、空々しく感じるだけだ。笠智衆の困惑や東山千栄子の諦観、原節子の慈愛の眼差しも、この角度からなら正直に物語れる...という想いが小津安二郎にはあったのではないだろうか...。

小津安二郎の眼差しは、少しお行儀は悪いが、家族の本質を引き出そうとする熱意と優しさを伴っている。そしてそれは、家族のための住まいを生み出そうとしている者にとって、必要とされる眼差しでもある。

東京物語の中で代表的な構図

小津 安二郎経歴

[Yasujiro Ozu (1903〜1963) ]

1903年12月12日、東京深川(江東区)に生まれ。小学生の時に父の意向で、父の故郷・三重県松阪市に移る。伊勢市の宇治山田中学校に通いながら映画研究会を設立。卒業後、三重県飯南郡飯高町の尋常小学校で1年間代用教員を務めた後、帰京。

1923年撮影助手として松竹キネマ蒲田撮影所に入社。1927年時代劇『懺悔の刃』で監督デビュー。戦後は『晩春』、『麦秋』、『東京物語』といった名作を発表。

1963年12月12日、60歳の誕生日に逝去。

略歴はこちらを見て下さい。
(松竹 小津安二郎サイト)

小津 安二郎の作品

1927年   懺悔の刃

1928年   若人の夢

1928年   女房紛失

1928年   カボチャ

1928年   引越し夫婦

1928年   肉体美

1929年   宝の山

1929年   学生ロマンス 若き日

1929年   和製喧嘩友達

1929年   大学は出たけれど

1929年   会社員生活

1929年   突貫小僧

1930年   結婚学入門

1930年   朗かに歩め

1930年   落第はしたけれど

1930年   その夜の妻

1930年   エロ神の怨霊

1930年   足に触った幸運

1930年   お嬢さん

1931年   淑女と髯

1931年   美人哀愁

1931年   東京の合唱

1932年   春は御婦人から

1932年   大人の見る絵本 生まれてはみたけれど

1932年   青春の夢いまいづこ

1932年   また逢ふ日まで

1933年   東京の女

1933年   非常線の女

1933年   出来ごころ

1934年   母を恋はずや

1934年   浮草物語

1935年   箱入娘

1935年   東京の宿

1935年   鏡獅子

1936年   大学よいとこ

1936年   一人息子

1937年   淑女は何を忘れたか

1941年   戸田家の兄妹

1942年   父ありき

1947年   長屋紳士録

1948年   風の中の牝ドリ

1949年   晩春

1950年   宗方姉妹

1951年   麦秋

1952年   お茶漬けの味

1953年   東京物語

1956年   早春

1957年   東京暮色

1958年   彼岸花

1959年   お早よう

1959年   浮草

1960年   秋日和

1961年   小早川家の秋

1962年   秋刀魚の味

-全54作品-

大学は出たけれど


生まれてはみたけれど


晩春


秋刀魚の味

小津 安二郎に関するDVD・書籍

小津安二郎
DVD-BOX 第一集

松竹

『東京物語』・『彼岸花』・『お早よう』・『秋日和』・『秋刀魚の味』を収録。
小津安二郎
DVD-BOX 第二集

松竹

『晩春』・『麦秋』・『お茶漬けの味』・『早春』・『東京暮色』を収録。
小津安二郎
DVD-BOX 第三集

松竹

『出来ごころ』・『母を恋ばすや』・『浮草物語』・『東京の宿(音響版)』・『一人息子』・『淑女は何を忘れたか』・『戸田家の兄妹』・『父ありき』・『長屋紳士録』・『風の中の牝鶏』を収録。
小津安二郎
DVD-BOX 第四集

松竹

『学生ロマンス 若き日』・『大学は出たけれど』・『朗らかに歩め』・『落第はしたけれど』・『その夜の妻』・『淑女と髯』・『東京の合唱』・『大人の見る絵本 生まれてはみたけれど』・『青春の夢いまいづこ』・『東京の女』・『非常線の女』・『和製喧嘩友達』・『突貫小僧』・『鏡獅子』を収録。
▶その他ビデオ
小津安二郎
集成2

キネマ旬報社

小津安二郎に関する評論は多々あるけれど、小津安二郎の生の文章を心行くまで読める本は多くはない。集成1は、なかなか手に入らない。残念!
小津安二郎名作映画集10+10 1 東京物語+落第はしたけれど

小学館DVDブック

映画・東京物語、落第はしたけれど+解説本
小津安二郎 僕はトウフ屋だからトウフしか作らない (人生のエッセイ)

日本図書センター

小津安二郎がその人生と創作の秘密を語る。戦時中に中国から友人・知人に送った貴重な手紙も収録。
小津安二郎先生の思い出

笠 智衆 (著)

ほぼ全ての小津安二郎映画に出演してきた俳優、笠智衆。小津監督や原節子などを始め、様々な人との交流や撮影秘話、自らの俳優人生と小津安二郎を振り返る。
監督小津安二郎入門 40のQ&A

貴田 庄 (著)

生誕100年を記念して、日本を代表する監督、小津安二郎とはどんな人だったのか。どこで生まれ育ち、いつ映画に興味を持ったのか。好きな女優は。原節子との結婚の噂は本当だったのか。なぜロー・アングルにこだわったのか。小津を知ることで、小津映画の核心に触れてゆく。
小津安二郎「東京物語」ほか (大人の本棚)

小津 安二郎 (著), 田中 真澄 (編集)

映画監督、小津安二郎がさまざまな機会に書き綴った文章には、作品資料にとどまらず、それ自体として魅力的なものが多い。本書では「殺人綺談」ほか軽快なモダンスタイルの初期エッセイ、従軍体験を克明かつ赤裸々に綴った日記と手紙、演技学講義「映画演技の性格」および映画鑑賞に必携の自作解説、そして脚本から映像へのプロセスを浮き彫りにする「東京物語」監督使用台本を収録。世界の巨匠OZUの全貌をコンパクトにとらえた1冊
小津安二郎全集

井上 和男 (編集)

小津安二郎の全作品を戦前・戦後に分けて、最終台本を製作年度順に収録。台本もフィルムも散逸し、幻と言われた初期台本『和製喧嘩友達』『突貫小僧』を復元。付録には小津が自身では監督しなかった作品を収録。昭和二年のデビュー台本や、戦時下に書かれた『ビルマ作戦 遙かなり父母の国』、TVドラマ『青春放課後』、遺稿『大根と人参』ノートなど。スタッフ・キャスト・上映時間・公開日・上映館など作品データをもれなく掲載。最新資料による小津安二郎年譜、および編者による全作品解題を付す。別巻・小冊子には評論家・佐藤忠男、川本三郎両氏と編者の座談会ならびに編者による小津安二郎論を掲載、作品の理解を助ける。
監督 小津安二郎

蓮實 重彦 (著)

小津映画の魅力を構成する真の動因は何か? 人々がとらわれている小津的なるものの神話から瞳を解き放ち、映画の現在に小津を甦らせる画期的著作。83年刊に3章を増補。
完本 小津安二郎の芸術

佐藤 忠男 (著)

日本人の心情を描きだした静謐な映像美で、世界に類を見ない芸術を創造した小津安二郎。その全作品をあらゆる角度から分析、詳細なデータも収録した「完本」版小津論。
全日記 小津安二郎

小津 安二郎 (著), 田中 真澄 (編集)

日本の代表的映画作家として世界的に評価されている小津安二郎の現存する日記のすべて。1日の記述は短く、たんたんとした日常の記録ではあるが、彼の生涯と作品を重ねあわせると、ひとつのドラマが浮かんでくる。
▶その他書籍


小津 安二郎に関するサイト

小津安二郎生誕百年 松竹による小津安二郎のためのサイト。全貌を知るならまずここへ。一昨年は、小津安二郎の生誕百年(没後40年)の記念すべき年で、様々なイベントがゆかりの地で開かれました。
小津安二郎・映画の時空間 東北芸術工科大学・山形Net-Expoプロジェクトによる小津安二郎作品の分析。分かりやすく解説されていて、興味深い話が一杯です。
小津安二郎の芸術 小津の監督した54作品のうち、37作品の解説があります。
小津安二郎記念 蓼科高原映画祭 蓼科も小津の別荘があったことで、ゆかりの地です。