ヘリット・T・リートフェルト

ヘリット・トーマス・リートフェルト

リートフェルトの椅子は、レッド&ブルーが有名ですね。学生の時にはじめて座って、とても感動したことを覚えています。見た感じの芸術的な雰囲気とは裏腹に、とても座りやすいと思いました。家具職人からスタートしたリートフェルトならではのバランス感覚なのではないでしょうか。
◆   ◆   ◆   ◆   ◆
red&blue:リートフェルト自ら「美しく空間的なデザインが直線的な材料と機械によって創りだせるという証明」と語っているように、デ・スティル思想の幾何学的構成の考え方をそのまま具現化したような椅子。構造的にもシンプルで、そのシンプルさが形態となっています。色彩はデ・スティルの先輩モンドリアンの絵画のスタイルを受け継いでいます。座ってみると見た目よりすごく座り心地がよいです。肘掛けにグラスを置けます。

でもこの椅子、初期のオリジナルにはいろいろなサイズのものがあるのです。家具職人の彼は、その時々で入手しやすい材料を使ってつくっていたので、サイズはまちまちというわけなのです。また、このカラーリングも最初は施されていませんでした。デ・スティルのモンドリアンの影響でカラーリングをしたと考えられています。こういうところが、職人らしさを感じさせている所かもしれませんね。 ニューヨーク近代美術館展示品。


レッド・アンド・ブルー
今から90年前の椅子。一種のアンティーク家具になるのかな...

ヘリット・トーマス・リートフェルト略歴

[Gerrit Thomas Rietveld](1888〜1964)
ヘリット・トーマス・リートフェルトは、1888年オランダのユトレヒトで生まれ。 彼の父親の指物細工工房で働いた後に、宝石スタジオに弟子入り。

1911年、彼がデザインしたキャビネットを作る会社を始め、その会社を8年間維持しながら、建築を勉強。その勉強を通じて、デ・スティールの創立者たちと知り合う。

1917年、red&blueの椅子をデザイン。このデザインによって建築理論の根本的な変化を提示。彼の前例のない家具デザインは、彼がネオ・プラスチックスタイルで設計した建物に設置される。 設計は、自由に変化する空間を用い、動的な空間の考えを追求している。

1920年代の終わり頃、オランダ建築の「非物質化」について考えが、リートフェルトの一連のテラス・ハウスに影響を及ぼす。

1928年、CIAM創立時の創立会員。1930年代〜1940年代、少数の例外を除いて、ほとんど活動をしていない。

1942年〜1948年、オランダのいくつかの機関で教鞭をとる。

1963年、the Bond van Nederlandse Architecten 名誉会員。1964年、the Technische Hochschule in Delft 名誉学位。1964年、ユトレヒトで死去。

シュローダー邸世界遺産。今から80年前の建物というのが信じられない... インテリアも斬新。直線で空間を作るとこうなります。

ジグザグチェアー

これもこれしかない、という形をしている。

シュローダー邸テーブル

これは空間だ!

シュローダー邸のためのテーブルはこうなる。

RED AND BLUE

ZIG-ZAG chair

リートフェルトの

1934年の作品。

UTRECHT 1人掛

リートフェルトの

1935年の作品。

公共建築のロビー等で

使われている。

UTRECHT 3人掛

ヘリット・トーマス・リートフェルトに関する書籍

Gerrit th Rietveld: The Complete Works 1888 1964

作者: Marijke Kuper

出版社/メーカー: Princeton Architectural

リートフェルト シュレーダー・ハウス

作者:

出版社/メーカー: バナナブックス

リートフェルトの建築

作者: 奥 佳弥

出版社/メーカー: TOTO出版

リートフェルト・シュレーダー邸―夫人が語るユトレヒトの小住宅

作者: イダ・ファン ザイル

出版社/メーカー: 彰国社

Gerrit Rietveld

作者: Ida van Zijl

出版社/メーカー: Phaidon Press

Rietveld’s Universe

作者:

出版社/メーカー: Nai Uitgevers Pub

Rietveld’s Chair

作者: Marijke Kuper

出版社/メーカー: Nai Uitgevers Pub

Gerrit Th. Rietveld: Houses (2g Books)

作者: Gerrit Th. Rietveld

出版社/メーカー: Gustavo Gili

How to Construct Rietveld Furniture

作者: Peter Drijver

出版社/メーカー: Uitgeverij Thoth

The Rietveld Schroder House

作者: Ida van Zijl

出版社/メーカー: Princeton Architectural Press


ヘリット・トーマス・リートフェルトに関するサイト

シュローダー邸のサイト リートフェルトの代表作シュローダー邸は、ユネスコ世界遺産に指定されています。
ゴッホ美術館の建物解説ページ ゴッホ美術館は、1963-64年のリートフェルトの設計によって、1973年にオープンしています。
リートフェルト紹介サイト リートフェルトのデザインに関して詳しい解説があります。貴重な写真もあり興味深い。

Rietveld at the Centraal Museum
Utrecht
red&blueやシュローダー邸の写真がスライドショーで見ることができる。