ハンス・ウェグナー

ハンス・ウェグナー

ハンス・ウェグナーは家具デザイナーとして、デンマーク・モダン・デザインの代表的人物です。もちろん世界的な名声を得ていて、ハンス・ウェグナーのデザインした椅子は、単に美しいだけでなく、とても座りやすく、現代の椅子の一つの基準を作り上げたのではないか...と思います。というのも、ハンス・ウェグナーのデザインの背景には、伝統的な職人としての裏づけがあり、手がけた家具はとても繊細な職人としてのこだわりが感じられるからです。ミッド・センチュリー・モダンを語るときに、ハンス・ウェグナーの名前は避けて通ることはできません。

the chair…これが椅子だ!

ハンス・J・ウェグナー略歴

[Hans J.Wegner (1914〜2007) ]

ハンス・ウェグナーは、1914年4月2日、靴職人で町議会議員でもあったピーター・ウェグナーの息子として、デンマークのトゥナー(Tソnder)に生まれました。その店は、手作りのオーダーメイドの靴を作っていて、ハンスは、どうやって、またどんな道具を使って靴が作られていくのか学んだことになります。父親は彼にとっての技術の先生でした。

ハンス・ウェグナーは、やがて家具製造家の道を歩み始めました。Smedegadeでの工房で、木の感覚や感触、木への愛着を発見していたからです。1931年、17歳で指物師としてのプロライセンスを習得、兵役に付くまでの3年間、家具製造家H F Stahlberg(その工房は大工の仕事から指物仕事まですべて行っていました)で働きました。ここで、技術を徹底的に学習し、自分のために、彼の最初の試みや設計を行なっています。

ハンス・ウェグナーは、20歳でコペンハーゲンで徴集兵として働いた後、国立産業研究所で学び、毎年行われるコペンハーゲン家具製造家組合展に出会います。この展示会は、1927年から優れた家具職人が参加して行われているもので、Johannes Hansen, L Pontoppidan, Niels Vodder, Jacob Kjセer, A J Iversen, Moos, Rudolf Rasmussen の他 Kaare Klint, Vilhelm Lauritzen, Ole Wanscher , Mogens Voltelen達が参加していました。この家具展示会によって、クラフトマンシップや設計手法について多くを学ぶ事ができました。

ハンス・ウェグナーは、その後、美術工芸学校家具科に転籍し1936年に卒業、O Mソgaard Nielsenの元で美術工芸学校に残ってで研究を続け、1938年に、建築家エリック・メイラー と フレミング・ラッセンのところで働き、その後エリック・メイラーとアンネ・ヤコブセンによって設立された設計事務所で働きます。〉hus Town Hallの設計の仕事では、彼は家具の設計をしています。彼は1943年まで、アンネ・ヤコブセンとエリック・メイラーのために働き、独立します。この事務所で1946年まで活動した後、1946-48までコペンハーゲンの建築家Palle Suensonの元で働きました。その後、再び自分の設計事務所を設立します。

その頃仕事を通じて優れた家具マイスター、ヨハネス・ハンセンと知り合い、彼らの長い付き合いが始まります 。ウェグナーはヨハネス・ハンセン社から多くの椅子を発表しており、1992年にヨハネス・ハンセンが廃業した後は、その下請け企業のPPモブラー社が引き継いでいます。

こうした経緯によってハンス・ウェグナーのスタイルは確立されていったのです。彼は自分の行った努力について「それらの外部のスタイルの古い椅子を裸にし、それらの純粋な構築に現われさせることに専念した。」と語っています。

ハンス・ウェグナーは、現在までに「Yチェア」「ピーコックチェア」「ザ・チェア」「ベアー・チェア」「ビーチ・ムード・チェア」「アーム・チェア」「オックス・チェア」「チャイナ・チェア」等、500種類をこす椅子をデザインしていて、世界の多くの美術館の永久コレクションとして収められるなど、世界的に高い評価を得ています。故郷のトゥナーにはウェグナー美術館が設立されています。

■受賞暦
・1951   ”Grand Prix”, Triennale in Milan
・1951   The Lunning Award
・1954    Grand Prix Gold medal
・1956   The Eckersberg medal
・1957   Grand Prix silver medal
・1959   ”Citational of Merit”, USA
・1961   International Design Award
・1967   ”Citation of Merit”, USA
・1968   ”Citation of Merit”, USA

Yチェア

チャイニーズチェア

ピーコックチェア

ウェグナーペンダント P2414W 
ウェグナーデザインのペンダント。ランプの位置を変え光の配光を変えたり、自在機によって簡単に灯具の位置を変えられる多機能ペンダント。

*画像は、Consulate General of Denmark in New York

(Courtesy of the Danish Design Centre )のものです。

1949年にデザインされたラウンドチェアのディテール

ハンス・ウェグナーに関する書籍

ハンス・ウェグナーの椅子100

コロナ・ブックス

織田 憲嗣, 丸山 彰一, 林 義夫 著

「椅子の詩人」と呼ばれ、500脚以上の椅子をデザインしてきたウェグナーの、世界で最も美しい椅子と言われるザ・チェアをはじめ、ベスト100を選び材質・特徴を紹介。
デンマークの椅子

織田 憲嗣 , 村上 太佳子, パトリシア山田
(著)

ウェグナーの椅子も写真と図面で紹介されています。
一脚の椅子・その背景―モダンチェアはいかにして生まれたか

島崎 信 (著), アイシオール (編集)

ロングセラーやベストセラーになった椅子が生まれた背景を探り、椅子の素材や製造方法、デザイナーの周辺の人々にまで取材している。モダンチェアの真髄に迫る1冊。ウェグナーのラウンドチェアが紹介されている。
ハンス・J・ウェグナー完全読本 (エイムック 1817 北欧スタイル別冊)

エイ出版社

完全保存版ハンス・J・ウェグナーの仕事カタログ

・500脚以上をデザインしたという椅子を中心に、ウェグナーの作品を徹底紹介。

一つひとつの作品を前・横・後ろと、あらゆる方向から見せる贅沢なビジュアル構成と、年代やサイズ、そして作品の説明までを網羅。

ハンスJウェグナーオンデザイン

ハンス J ウェグナー (著),リビング・デザインセンター (1995/04)


ハンス・ウェグナーに関するサイト

国内
CHAIRS
TV
Yチェアについて、QuickTimeVRによる3D映像とQuickTimeムービーによる織田先生の解説を見る事ができます。
LIVING
DESIGN CENTER OZONE-ザ・チェア
ハンス・ウェグナーとザ・チェアの話を紹介
1947年 ハンス・ウェグナーとチャイニーズチェアの話を紹介
デンマーク家具プロモーションセンターHP デンマーク大使館が運営するデンマークの家具をPRしているHP。研修旅行の様子なども紹介されている。デンマークに行ってみたくなってしまってら…
64CHAIRS ハンス・ウェグナーの椅子以外にも様々な椅子が紹介されています。
海外
Danish
Design
ハンス・ウェグナーとThe chairについて詳しく書かれている、デンマークのホームページ(英語で書かれています)DANSK
MOBEL KUNST
ハンス・ウェグナーのヴィンテージもののオリジナルを手にいれたかったら...


コメントを残す